いざ、ステージへ!

今回はたくさんの方にご覧いただいているイルカショーの裏側をご紹介したいと思います

 

イルカショー10分前になると、トレーナーは衣装に着替えて、前室に集まりミーティングを行います。

ここでは、ショーで披露する種目や順番を確認したり、イルカのその日のコンディションに合わせて

事前に変更する所を相談します。普段は明るい表情のトレーナーもここでは真剣な表情で気合い十分です!


  

 

もちろんショーの中で突然変更することもあります。

そこは、トレーナー同士アイコンタクトで意思疎通したり、他のトレーナーやイルカの動きをみて

臨機応変に対応しながらショーを進行していきます。


ショーに出始めたばかりの私は自分のことで精一杯。先輩トレーナーに何度も助けてもらっています(笑)

動物が相手なので大変なことも多いですが、ショー中の皆さんの声援や笑顔が私たちトレーナーの励みになっています!!

これからも、ビーチランドのイルカショーで一緒に楽しみましょう!!

とびきりの笑顔でお待ちしています!では(^^)/

 

 

(Y.Y)

2020年8月28日 14:56

暑い日にはイルカショー!

ほんとうに毎日暑いですよね!!

そんな時はビーチランドのイルカショー「超スプラッシュドルフィン」がおすすめです!

今年はビーチランド過去最大の水しぶきをお届けしています。



皆様に向かって、イルカたちが大量の水しぶきを飛ばすパフォーマンスに加え、ステージ

左右に用意したウォーターキャノンからも大量の水しぶきを飛ばします。

 

前3列のお席は迫力満点で爽快な大量の水がかかります!

いったいどのくらいの量の水がかかるのか・・・?!

 

8月末で終わってしまうので、気になる方は今のうちにお越しくださいね!!

お待ちしています!

 

 

(N.K.)

2020年8月25日 14:41

意外と知らない「正面写真の世界」

どうもこんにちは。

動物が好きで、飼育員となりました「R.I」です。

今日は、皆様に私がハマっている動物写真の撮り方をお伝えします。

それが…これ「正面写真」です。

その名のとおり、真正面から堂々と容赦なく間近で写真を撮るというものです。

これが…たまらなく可愛い()

 

ご覧ください!!

題「コツメカワウソ・サラ」

なんて綺麗な目!!可愛い顔!!見当たらない耳()正面から撮るとサラは耳たぶが見えなくなります。


 

 

題「フンボルトペンギン・ココ」

溢れ出る優しさ!!心配そうな瞳!!傾げている頭部!!なんていうことでしょう…満点な可愛さです。


 

題「ゴマフアザラシ・サン」

半開きの口()垂れるヨダレ()だらしない目つき()笑うしかありません…まさに奇跡の一枚です。


 

いかがでしょう。いつもと違う角度から見ると全く違うと思いませんか?これだから動物は面白いんです。

皆様も正面写真に挑戦してください。

いいのが撮れたら、ぜひぜひ見せてください。まだまだ知らない可愛さを発掘していきましょう!!

 

(R.I)

 

 

 

 

 

 

2020年8月23日 16:51

「イルカの体重測定!?」

動物たちの体重を知ることは、健康に飼育するうえでとても重要なことです。

体重を知る方法は大きくわけて3つ。


1.体重計にのってもらう(正確に体重を知ることができます)

2.見た目の体形で判断する(いつも見ているベテランになると、パッと見ただけで増減がわかります。すごい!!)

3.メジャー測定

この3番のメジャー測定の様子がこちら!

 

 

イルカたちの胴回りを4か所はかり、数式に当てはめることでおおよその体重を知ることができます。

これは体重計にのることができないイルカや妊娠中のイルカ、ストランディング(座礁)したイルカに対して有効につかうことができます!

はじめはメジャーが体に触れると嫌がりますが、少しずつトレーニングを重ねて慣れてくると、力を抜いた状態で測ることができるようになります。

 

ちなみにイルカたちの体重はどれくらいかというと…

個体差もありますが大体250300kgもあるんですよ!

 

(M.M)

 

 

 

 

 

2020年8月16日 09:02

今までありがとう。

皆様、74日に亡くなったハンドウイルカ『ローラ(享年43歳)』へ、たくさんのお花や

お手紙など贈って頂き、本当にありがとうございました。

 

皆様からのお手紙にはローラとの思い出があふれており、多くの方に愛されていたことを

実感しました。


ローラはビーチランドが開園した1980年からイルカショーを中心に活躍してくれました。

イルカショーで披露していた「ボールキック」はお客様だけではなく、スタッフにも

ファンがいるぐらい迫力ある得意技でした。新人トレーナーはローラの給餌から始め

ることが多く、今まで数えきれないほどのトレーナーを育ててくれましたが、頑固な

一面もあり、なかなか考え方を変えてくれないので苦労したトレーナーもいましたね。


とっても寒い1月に生んだ娘のプリンは元気いっぱいに育っています。これからは

プリンと一緒にローラが所属していたボンバーズを盛り上げていきたいと思います。

 

皆様、ローラのことを、たくさん応援していただきありがとうございました。

この場を借りて皆様にお礼を申し上げます。


 

 

ローラ、長い間ほんとうにありがとう。

 

(M.M.)

 

 

2020年8月2日 17:41

カレンダー

<<  2020年09月  >>
SMTWTFS
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910

投稿一覧をカレンダーで表示