お父さん、いつもありがとう!

6月16日の父の日に、お父さん動物とふれあう恒例の特別イベントを実施

しました!

 

今回登場したのは、

カリフォルニアアシカ『ハヤト』

ハナゴンドウ『ネオ』

ゴマフアザラシ『ジャック』

以上、3頭です\(^o^)/

 

餌やりやふれあいでお楽しみ頂きました!!

 

 

 

 

とても暑い1日でしたが、みなさんからたくさんの笑顔があふれて一安心(^_^;)

 

そして今回はみなさんからお父さん動物へのメッセージもたくさん届きました!

 

 

暖かい言葉ばかりで、スタッフ一同感激です(ToT)!

みなさんの期待に応えられる様、これからまた一年お父さん動物達と

頑張っていきます!!

 

今度は、どんな動物達とふれあえるのかな?

是非ビーチランドのふれあいイベントにご参加下さい☆ (S.M.)

2013年6月22日 16:03

まもなく出産!!

みなさん、これが何か分かりますか?

 

 

正解は…イルカの生殖孔です!

イルカはここを見てオスかメスか見分けることができます。

中央に長い溝があり、よく見ると両脇に小さな溝があります。このように3本の

溝があるとメス、1本の溝だとオスです。

中央の長い溝には赤ちゃんの産まれてくる生殖孔と肛門があり、両脇の小さい溝

にはおっぱいが隠れています。

 

イルカホールの『ネリ』と『ティーラ』は出産がまもなくということもあり

生殖孔が以前より少し開いてきました(^^)

 

           ネリ生殖孔

 

このほか出産の徴候としては、イルカは出産前24時間以内に体温が下がると

いわれているため、毎日朝と夕方に体温測定を行っています。

 

ネリとティーラの赤ちゃんイルカが産まれたら、みなさんぜひ会いにきて

くださいね!! (R.M)

2013年6月20日 15:23

出産準備 その2

イルカホールの2頭のイルカたちはもう間もなく出産する予定です。

スタッフたちはまるでじらされているかのように、1日を今か今かと過ごして

います(笑)

 

先日、イルカの出産に向けての準備で落水(プールの水位を下げること)風景

をご紹介しましたが、今回はこちら。

 

 

ここで問題です。これは、なにに使うものでしょうか?

正解は、赤ちゃんイルカが障害物にひっかかったりぶつかったりしないように

するためのものです!!長い棒の先にお風呂マットが取り付けてあります。

 

 

どう使うのかというと、上でスタッフが待機し、場合によってはプール内に

入れます。

 

 

出産が行われるプールには突起やくぼんでいる部分があります。

産まれたばかりの赤ちゃんイルカは、プールにそって円を描くように泳げな

かったり、突起やくぼみにひっかかったりすることがあります。そんなことが

起きないようにこれでガードします。

しかし、お母さんイルカが上手に誘導して泳げば使うことはありません。

 

もうすぐ産まれる予定のイルカたち…。なにが起こるかわからないので、準備

は万全でのぞんでいきます!! (Y.N.)

2013年6月19日 08:31

打ち上げられたハナゴンドウその後

5月30日に保護したハナゴンドウは、しばらくタンカに収容して治療を

しました。

毎日、朝と夕方にタンカから放し、自力で泳げるようリハビリを繰り返し

行ってきました。

すると、6月4日には不安定ながらも自分でバランスをとって呼吸できる

ようになり、タンカ収容を終了しました。

 

タンカ収容時にはイカを6キロ与えていましたが、6月4日には9キロ、

6月5日には12キロに増やしました!

欲求も高いためマサバ、ホッケ、イカナゴ、チカを与えてみましたが、

どの魚種も吐き出してしまいました。

自然界ではハナゴンドウはイカを主食とし、魚を食べることもあるのですが、

この個体は魚を食べていなかったんでしょうか…?

 

前回のブログで紹介したイルカ用救命胴衣の第二弾を作りました!!

 

 

第一弾はハナゴンドウの体より少し大きかったので第二弾はサイズを縮めました。

しかし、道具を使わずとも自力でバランスをとり泳ぐことができたため、

第二弾を使うことがありませんでした!

フロートは他のイルカたちのおもちゃとして使用したいと思います。(笑)

 

現在回復傾向ではあるものの、まだ泳ぎまわることはなく、体勢を横にして

浮くことが多いので、継続して終日観察を行っています。

 

 

でも餌の時間になると、すぐにトレーナーのところへ近寄ってきます!

 

 

今後もハナゴンドウの状況を皆さんに随時、報告致します!

皆さん、ハナゴンドウが元気になるよう応援をよろしくお願いします。

 

 

M.T)

2013年6月16日 16:56

コマッコウのトレーニング

この写真は4月に保護されたコマッコウの給餌風景です。

餌を与えているトレーナーが何かくわえているの、お気づきですか(^^*)?

 

 

イルカにOK を伝える手段として、ホイッスルを用いることを前回お伝えしま

したが、摂餌が安定してきたコマッコウもホイッスルの条件付け(ホイッスルの

音が鳴ると餌がもらえる)がスタートしました\(^O^)/

 

はじめは給餌場所に留まることができず、餌をもらっては泳いで…という行動

を繰り返していましたが、ホイッスルを使用して良い行動を的確に示すことが

できるようになってからは、給餌場所で顔を上げて待機したり、トレーナーの

サインで背ビレを出す行動も出来るようになってきました\(^O^)/!

 

今後は体温測定や採血のトレーニングを進めていきます(^ω^*)! (S.S.)

2013年6月15日 17:12

イルカトレーナーのホイッスル

早速ですが、みなさんに質問です*

イルカのトレーナーは口に何をくわえてるんだろう?

と思ったことはありませんか(^^)?

 

 

この道具は“ホイッスル”といって、イルカとトレーナーをつなぐ架け橋の

ようなものです(^^)!

 

イルカに餌を与える直前にホイッスルを「ピッ」と吹くことを続けていくと、

“この音がなると、餌がもらえるんだ”ということを学習します。

イルカにとって餌は1番のご褒美です!

ホイッスルは言葉の通じないイルカたちに、OKを伝える手段として使用して

いるんです(^ω^*)!

そうすることで、イルカたちに求めている行動を的確に伝え、望ましい行動を

どんどんと引き出すことができるんですよ\(^O^)/♪

 

イルカショーやトレーニング風景を見るとき、トレーナーがどのようなところで

ホイッスルを吹いているのか注目しても面白いかもしれませんよ(^^)* (S.S.)

2013年6月13日 17:09

山っ子、海へ来たる!

先日、団体のお客様向けイベント“海の生きものガイド”を今年初めて行い

ました!

今回はビーチランドの隣の奥田海岸で、干潟の生きものの観察です。

 

参加してくださったのは、愛知県北部に位置する小学校の皆さんです。

全校生徒合わせて30人!1年生から6年生まで仲良く参加していただき

ました。

学校の周りは山に囲まれ、近くの川にはオオサンショウウオが棲んでいるとの

こと。

 

 

海ってどんなところ?一生懸命聞いてくれる皆さん。

バケツを持って、いざ採集へ!

 

じっくり見ながら歩くと、意外にもたくさんの生きものがいるのが干潟の面白い

ところです。

 

中には、変わった形のものも・・・

「スライムが砂から生えてる!」→タマシキゴカイの卵でした。

「モンブランがいっぱい並んでる!」→ゴカイの仲間のうんちでした。

「メンコみたいなものが落ちてる!」→ハスノハカシパンの仔どもでした。

 

 

ものの20分で、30種類近い生きものが集まりました。

名前はもちろんのこと、それらの生きもの全てが干潟の生態系を形作り、

関わりあっていることを知っていただきました。そして、学校の近くを流れる

川が伊勢湾に流れ込むこと、山の自然を守ることが海の自然を守ることに

つながるということも知って頂きました。

 

「まだまだ遊び足りないようですが、私たちは山へ帰ります。」

引率の先生の言葉がとても印象的でした。

 

遠いところですが、またいつか遊びに来てくださいね! (K.I.)

2013年6月10日 17:08

出産準備

イルカホールのイルカたちがもう間もなく出産となります。その準備のため、

プールを約50cm落水(いつもより水位を下げること)しました。

 

  

                  落水中

 

イルカホールのプールには、トレーナーが歩いたり作業をしたりするための

デッキがプール中央に少しだけせり出しています。いつも通りの水位では、

産まれたばかりの赤ちゃんイルカがデッキの下で呼吸しようとして溺れる

危険があるため、下に入り込んでも呼吸ができるように落水しています。

 

  

             いつものイルカホールの水位

 

環境が変わったために餌を食べなくなるかも…なんて思っていましたが、

2頭ともしっかりと食べていました(笑)

 

出産までもう少し!!

いつ産まれてきても大丈夫なように、準備をしっかりとしていきます☆ (N.Y.)

2013年6月7日 17:08

2羽のヒナが誕生!!

フンボルトペンギンは現在繁殖の季節真最中です。

ファミリープールで新しく2羽のヒナが孵化しました\(^0^)/

 

今回♂『タケ』と♀『ケーナ』のペアが育てているヒナの可愛らしい動画が

撮れたのでご紹介します。

 

 

お尻がピクピクしているのが、なんとも可愛いですよね♪

こんな小さい体をしていますが、夏ごろにはもう大人と同じ大きさまで成長します。

 

まだ巣からは出てきませんが、運が良ければ鳴き声が聞こえるかもしれません。

ファミリープールにきた時には、是非耳を澄ませてみてくださいね^^ (K.S.)

2013年6月7日 12:04

打ち上げられたハナゴンドウは徐々に回復しています!!!

プールへ収容した当初は餌を食べませんでしたが、3日目には自分で餌を

吸い込むようになり、1日で6キロの餌を食べました。

 

始めのうちはタンカに乗った状態で、イカを見せるとくわえて飲み込みました。

 

担架から放し、不安定に泳ぎながらもイカを食べるようになりました。

 

 

6キロを与えてもまだ餌を欲しそうな行動をします!

 

 

餌を食べたあとは、傾いて浮いたり、底に沈んで行ったりと、泳ぎが不安定な

状態が続いています。

 

溺れないためと、泳ぐリハビリのためにスタッフが特製の道具を装着しました!!!

 

 

若干ゆるく、動くとすぐに体からずれてしまうので、第2弾を作製中です。

M・T)

2013年6月6日 16:40

カレンダー

<<  2020年02月  >>
SMTWTFS
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
1234567

投稿一覧をカレンダーで表示