夜の奥田海岸

ある日の夜、私は2時に目が覚めました・・・。

その後、寝つけなかったのでスマートフォンをいじくっていたら、

なんとタイミング良く大潮の干潮の時間帯でした。

奥田海岸は冬場、水温10℃前後。

夜になると更に冷えるので生きものがほとんど見られないイメージがあり、

実際どうなっているんだろうと前々から思っていました。

「よし、奥田海岸に行こう!」と思い立ち、私は寒空の下に飛び出しました。

 

しばらく歩いていると・・・

 

 デロ〜ン!!

 

 

“ツメタガイ”発見!

アサリを食べてしまう巻貝として有名ですが、

潮干狩りシーズンじゃなくてもいるんですねぇ。

 

モゾモゾ〜ン!!

 

 

 

今度は“スナヒトデ”!!

その名の通り砂に潜って暮らしているヒトデで、

5本の腕がとても長いです。

 

そして極めつけは・・・・・・・・・

 

ドッギャ〜ン!!

 

 

“ウミサボテン”!!!

伊勢湾でも見られるサンゴの仲間で、ポリプ(触手)を

開いた姿はまさにサボテンです。

 

昼間はなかなか見つけることができない夜行性の生きものが、

身近なところにもたくさんいることが分かりました。

寒くて冷たくて暗くて泣きそうでしたが、

夜ならではの出逢いがたくさんありました。

 

なお、今回紹介したスナヒトデは当園の“タッチング水槽”にて、

ツメタガイとウミサボテンは“知多の海から”にて

展示を行っておりますので、観察してみてくださいね!

(K..

 

 

 

 

2014年2月18日 09:08

カレンダー

<<  2019年11月  >>
SMTWTFS
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

投稿一覧をカレンダーで表示