ウミガメの体長測定

半年ぶりに行いました!!

ウミガメの体長測定(^0^)/


泳いでいると正確に測定できないので、体長測定を行うときはウミガメプールの水をすべて抜きます!!


ウミガメたちの体温が上がって体調を崩さないように、

毎年暑くなる前の春頃と、涼しくなってくる秋に行っています♪

 


大きなウミガメも少しずつ成長しているんですよ!!


水を抜いたついでに大掃除もして、ウミガメプールもきれいになりました!

次回の体長測定は来年の春。

みんな大きくなってねー(^^)


(M.M.)

2017年11月8日 16:40

ウミガメの体長測定

ビーチランドでは半年に一度、ウミガメの体長測定を行っています。

大きなウミガメたちも、更に大きくなっていたりするんですよー!!

作業しやすいように、体長測定の日はプールの水を全て抜きます!

順番に大きさを計測していき…

 

 

水を抜いたついでに、大掃除もします!!

 

  

 

 

ビーチランドのバックヤードにはまだ手のひらサイズの、赤ちゃんウミガメもいます(^^)

裏側ウォッチング(有料イベント)でふれあうことができますので、

参加して大きさの違いを確かめてみてくださいね♪

 

 

 

(A.I.)

2016年10月19日 14:57

いい夫婦♪

11月22日は“いい夫婦の日!!”ということで、

特別イベントを実施しています(*^。^*)

 

11月22日(土)〜24日(月・祝)の3日間、

結婚指輪をつけて来園し、「いい夫婦です!!」と宣言していただくと、

入園料が2名様で2,200円になります!!

 

さらに!!観覧車乗車券をプレゼント☆

 

さらにさらに!!

先着10名様には、末永く夫婦円満が続きますよう、

長寿の象徴でもある大きなウミガメとふれあうことができるんです!(^^)!

 

今回は、普段ふれあうことのできない大人のアカウミガメ、

『セリア』(メス)とふれあえます!!

なぜセリアかというと・・・

セリアはビーチランドで一番飼育歴の長いウミガメで、現在34歳。

2001年に夫婦となり、今でも仲睦まじく、

ビーチランドの“いい夫婦”代表として選ばれました。

 

“ふれあい日本一”のビーチランドでも、

大人のウミガメ、中でもセリアとふれあえる機会は初めて?です。

レアです☆

1歳の仔ガメと一緒に記念に写真も撮っていただけます(^_^)♪

 

 

 

ぜひ、この3日間にご夫婦そろってお越しください(^_^)

(A.I.)

 

2014年11月21日 14:47

屋久島からBabyがやってきた!!

毎年この時期になると、屋久島から孵化した赤ちゃんのウミガメが

ビーチランドにやってきます(*^。^*)

ウミガメは寿命などが詳しくわかっていませんので、

調査・研究のために1歳になるまで飼育し、

標識(名札みたいなもの)を付けて、自然界の海へ放流します。  

 

 

こちらの写真はアオウミガメの赤ちゃんです★

甲羅の大きさは4〜5pで、体重は20g。 

 

1年経つと…

甲羅の大きさが20cm、体重は1〜2sくらいにまで

成長します。

あっという間です(^_^;)

 

このくらいの大きさになるまではビーチランドのバックヤードで

飼育しています!

水族館裏側ウォッチングに参加していただくと、

こんな可愛らしいウミガメの赤ちゃんを間近でご覧いただけます♪

土・日・祝日に行っていますので、ぜひご参加ください(^^)♪

 

 

2014年9月27日 13:12

2014年・知多半島のウミガメ事情〜野間灯台編〜

前回のブログ(篠島編)は読んでいただけましたか?

篠島港で帰りの船を待っている私の携帯に、

ビーチランドから電話が入りました。

「灯台の下にウミガメの足跡があるらしいから、ついでに寄ってきて〜」とのこと。

 

何ということでしょう。。

自身初の産卵ダブルヘッダーです(笑)

「簡単に言わないで〜!」

 

今年第2号の現場は“知多半島の恋人の聖地”野間灯台!・・・の横の海岸。

夏が始まりましたので、きっと夜遅くまで賑わっていたのでしょうが、

人気が去った夜明け前は灯台もと暗しだったんでしょうね。

産卵の最中に明るくなってきた所を、

通りすがりの方に見つかってしまいました。

 

 

 

第1発見者は釣り人で、私もよく行く釣具店の常連さんなんだとか!

店長曰く、お客様から「漁港の中でウミガメ泳いでたよ〜」

なんていう情報を頂くことがあるらしく、

釣り人からの目撃情報も重要だな〜と痛感しました。

(なんせ、朝早くから1日中海を観察している方たちですからね・・・)

 

 

 

卵もちゃんとありました!

 

この海岸は奥行きがせまく、

波が高いと卵がさらわれる恐れがありましたので、

近くの広い海岸に移植させました。

 

今年は幸先よくシーズンインしました!

どれだけ産卵があるか今後も楽しみです!!

(K.I.)

 

 

2014年7月29日 17:00

2014年・知多半島のウミガメ事情〜篠島編〜

今年もアカウミガメの産卵シーズンがやってきました!!

ウミガメ担当になって3年目。楽しみで仕方がありません☆

 

今年の第1号はなんと篠島!

去年紹介した“篠島ウミガメ隊”が海岸清掃を続けて3年、

やっと待ちに待ったウミガメがやってきました。

 

今年度のウミガメ隊団結式の様子です。

 

 

 

今回の第一発見者は中学生。

ウミホタルの観察中に上陸してくるのを見つけたそうです。

こんな経験、一生の思い出でしょうね。

中には、3年前も今回の産卵も、どちらも立ち会うことができた

人もいるようで、いちウミガメファンとしてはとても羨ましい限りです。

 

 

翌日、産卵調査をしました。

 

篠島全土が待ち焦がれたウミガメの卵。

これから、皆一丸となって卵を見守っていこうと思います。

 

ちなみに篠島の前浜は清掃活動のかいあって、

いつ行ってもゴミが全然ありません。

知多半島周辺には美しい海岸がいくつもありますが、

ゴミの少なさでいえば知多半島一、いや日本一なのではないかと心底思います。

言い過ぎではと思った方は、一度篠島を訪れてみてください。

感動します!

(K.I.)

 

 

 

 

 

2014年7月13日 16:14

ウミガメとふれあえる!

ふれあい日本一を誇るビーチランドでは、

毎日4種類の動物とふれあえる“ふれあいカーニバル”を行っています。

ところが、GW期間中の土・日・祝日には5種類になります。

 

な、な、なんとウミガメともふれあえるようになるんです!><*

 

先日お客様にご協力頂き、本番に向けて“ウミガメにタッチ”

シミュレーションを行いました。

  

 

練習を何度か行うことで、本番ではよりたくさんのお客様が

ふれあいを満喫できるように、どう実施すべきかを模索していきます。 

 

ふれあえるのは手のひらサイズの仔ガメですから、

小さなお子様でも気軽にふれあうことができますし、

もちろん大人の方の参加も大歓迎です。

 

“ウミガメにタッチ”初日は4月26日(土)です。

皆様のご参加をお待ちしています。(^^*)  (K.K.)

 

 

2014年3月18日 17:28

2013年・知多半島のウミガメ事情〜蒲池海岸編〜

奥田海岸編からご報告がずいぶんが遅れてしまいました。

 

今回は、常滑市にある蒲池海岸でのウミガメの産卵についてご報告します!

 

常滑市の北部に位置する蒲池海岸での産卵は、ビーチランドが開園して以来

4例目になります。

  

 

どこに卵が埋まっているか分かりますか?

 

産卵した場所が良かったため高波が来ても大丈夫だろうと思っていましたが、

台風がやってきましたので高台へ移植しました。

 

仔ガメたちは無事に海へ巣立っていき、砂の中に取り残されていた1匹も

たくさんのギャラリーに見守られながら巣立ちました。

 

 

今年度の知多半島でのウミガメの産卵は2件でした。

詳しくは、ビーチランドホームページ内“調査・研究・報告”にて後日、

掲載いたしますのでご覧下さい。  (K.I.)

2013年12月14日 09:22

2013年夏・知多半島のウミガメ事情〜奥田海岸編〜

ウミガメの産卵・孵化の時期が終わりに近づき、日本中のウミガメ担当者がほっと一息

つく時期となりました。

 

知多半島では今年2ヶ所の産卵を確認し、先日仔ガメが孵化しました

 

今回ご報告をするのはビーチランド隣りの“奥田海岸”です。

ビーチランドファンの方ならお気づきかもしれませんが、この海岸には毎年のように

アカウミガメが産卵しに来るんです。母ガメが好む何かがあるのかも知れませんね…。

 

 

第一発見者はなんと去年と同じ方!去年同様、犬の散歩の時に発見してくださった

そうです。約2ヶ月間、孵化するまで何も手を加えず無事に済めばいいのですが、

今回の場合は近くに街路灯があり、仔ガメが孵化した時に街路灯の光に引き寄せられる

のを防ぐため、海岸の別の場所へ卵を移植させました。

 

このまま海岸で孵化してくれれば良いのですが、そうそう上手くはいかないものです。

夏の風物詩“台風”の登場です。流されては全ての卵が死んでしまいますので

ビーチランドに一時避難しました。

 

結局、全ての卵が台風通過中に孵化してしまったので、地元の中学生に協力して頂き

奥田海岸から放流を行いました。今回は卵の数が少なく、50匹の放流となりましたが

一匹でも多くまた日本に戻ってきてくれると嬉しいですね。

 

次回は“蒲池海岸編”を掲載しますのでお楽しみに!                (K.I.)

2013年10月30日 09:00

篠島小学校ウミガメ隊

皆様、ゴールデンウィークは存分に楽しめましたか?

だんだんと暖かくなり、もうすぐウミガメの産卵シーズンがやってきます!

 

先日私は、篠島小学校のウミガメ隊結団式に参加しました。

ウミガメ隊結成のきっかけは一昨年、篠島小学校の皆さんがバックヤードツアー

でウミガメの話を聞き、興味を持ってくれたことです。

主な活動は海岸のゴミ拾いで、島全体が一丸となって活動しています。

 

 

皆さん素敵なTシャツを着ています。

 

隊長の掛け声と共にゴミ拾いが始まりましたが、すでに拾うゴミがほとんど

ありません・・・

なんという美しい海岸なのでしょう。

 

 

残念ながら昨年はウミガメが産卵に来ませんでしたが、今後も子供達が

ウミガメのことを思って海岸へ出ることで、様々な生物やそれを取り巻く

環境に興味を持ち、守っていける大人になってもらえたら嬉しいかぎりです。

 

 

いざ出陣!

戦国武将隊の加藤清正さんや篠島のマスコット『シラッピー』、

『シラッピーナ』も応援に駆けつけました!

 

う →海を綺麗にして

み →皆で協力して

が →頑張って

め →目指せ日本一綺麗な浜

 

こんな素晴らしいスローガンを掲げる“篠島小ウミガメ隊”

南知多ビーチランドも応援していきたいと思います!! K.I.)

2013年5月11日 16:37

カレンダー

<<  2019年06月  >>
SMTWTFS
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

投稿一覧をカレンダーで表示